タスク管理を簡単に始める3つの方法とは?

仕事が忙しくなればなるほど、ひとつひとつのタスクをミスなく終わらせるために重要となってくるのが、タスク管理です。実際、世の中にはさまざまな要望に応えるタスク管理サービスが数多く存在します。

しかし、タスク管理をこれから始めてみようという人にとっては、その数の多さがかえってハードルとなってしまうでしょう。そこで今回は、タスク管理初心者が個人のタスクを管理する際に役立つ、簡単なタスク管理の方法をご紹介します。

1. 紙とペンを使う

まず紹介するのは、タスク管理サービスを使わず、紙にタスクを書いて管理する方法です。後に紹介する2つの方法と比べても、特別な技術を必要としない、最も手軽な方法です。

まず、付箋でも手帳でも良いので、手頃な紙を用意し、やるべきタスクを全て書き出します。リストアップしたタスクは締切などと照らし合わせながら優先順位をつけます。その順位に沿ってタスクに取り掛かり、完了したらタスクを消します。

いたってシンプルな方法ですが、この原則はどの方法にも共通するタスク管理の基本です。

紙に書いて管理する方法は、その人のタスク管理技術や動作環境等に関わらずタスク管理のみに集中できる点にメリットがあります。

ただしタスク管理のリストだけでは、どうしても目の前のタスクにのみ注意が向いてしまうため、重要な締切は別途カレンダーに書くなどの対策をとる方が良いでしょう。

タスク管理とスケジュール管理をうまく組み合わせるようにしましょう。

2. Excelを使う

Excelを使えば、いつまでに何をしなければならないのか、タスクの「見える化」が可能になります。ネット上に多数ある無料のテンプレートを利用すれば、タスク管理に適した表を一から作成する手間を省くことができます。

テンプレートでは物足りない部分は、自身でカスタマイズして付け加えることもできます。どのテンプレートを使うか迷ってしまう場合は、Evcelを提供するMicrosof社の提供するテンプレート集がおすすめです。

サービスサイト:https://templates.office.com/ja-jp/Search/results?query=タスク管理

3. アプリを使う

3つ目は、タスク管理アプリを使う方法です。ここでは、数多く存在するタスク管理アプリの中から、仕事で使えること、機能のシンプルさ、操作のしやすさに着目して選んだものをご紹介します。いずれもスマホ・パソコンを問わず利用することができます。

Any.do

ANY.DO INC. が提供する「Any.do」。

タスクの登録や並べ替えが簡単な操作でできるツールです。音声認識でタスクを登録することもできます。

サービスサイト:https://www.any.do/jp/
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/any-do-to-doリスト-カレンダー/id497328576
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.anydo&hl=ja

Microsoft to do

Microsoft Corporationが提供する「Microsoft To Do」。

シンプルな機能が無料で提供されているため、初めてタスク管理ツールを使う人にも試しやすいサービスです。リストを色分けして作成することができます。

サービスサイト:https://todo.microsoft.com/tasks/ja-jp/
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/microsoft-to-do/id1212616790
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.todos&hl=ja

Todoist

Doist Ltd. が提供する「Todoist」。

The Verge 誌にて「最高の ToDoリスト」と称賛された実績を持ちます。仕事だけでなく普段の生活にも利用できるシンプルさが魅力です。

サービスサイト:https://todoist.com/ja
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/todoist-todoリスト-タスク管理-リマインダー/id572688855
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.todoist&hl=ja

Google Keep

Googleが提供する「Google Keep」。

メモを登録することを主としていますが、タスク管理ツールとしても利用することができます。リストはラベルや色を付けて整理できます。Chromeの拡張機能を使えば、表示しているWebサイトをボタン一つでGoogle Keepに保存できます。

サービスサイト:https://keep.google.com/
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/google-keep-メモとリスト/id1029207872
Google Play Store:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.keep&hl=jam

まずは小さく始めてみよう

これからタスク管理を始めようという方向けの、簡単なタスク管理の方法を紹介してきました。

機能性の高いサービスは他にたくさんありますが、そういったサービスは慣れるのにも時間がかかるもの。

タスク管理はあくまで仕事効率化のための手段ですから、タスク管理の習慣が身につくまでは、タスク管理自体が自身の負担にならないようなシンプルな方法を試すべきです。

ぜひ、自身に合った方法を模索してみてください。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。