テレワークは疲れる…自宅でのテレワーク疲れ、その理由と解消法

新型コロナウイルス感染予防の観点からテレワークが推奨され、この1年でテレワークが急速に広がっています。テレワークの最大の特徴は、会社に出勤しないこと。「出勤しなくていいテレワークっていい制度!」と思っている人がいる一方で、「テレワークに疲れている。」「実はテレワークを負担に感じる」「オフィスで仕事するほうが疲れない。」と感じている人も。

しかし、行政や企業としてはテレワークをスタンダード化したい動きになっているので、テレワークは疲れると感じていても、誰にも話せない、と悩んでいる人が結構いるようです。

意外と多い、テレワークが疲れる理由

では、なぜテレワークが疲れるのでしょうか?疲れると感じる理由は、どんなことにあるのでしょうか?

自宅の環境が整っていない

自宅の環境がオフィスのように整っていないと、肉体的にも精神的にも負担となり、疲れを感じます。

仕事用の机や椅子がない

元々自宅で長時間仕事をする習慣がなかった人は、自宅に書斎や執務スペースを確保しておらず、仕事用の机や椅子などは用意していなかったのではないでしょうか?会社は、机は広く、椅子も長時間座って作業しても疲れにくいものを設置している、などデスクワークがしやすい環境になっています。

しかし、自宅でテレワークとなると専用デスクがないのでリビングテーブルで仕事をしたらテーブルも椅子が適していない、ローテーブルと座椅子では疲れる、机が小さくて作業しにくい、など環境設備が整っていないと肩こりや腰痛など身体への負担が疲れを生み出してしまいます。

子どもが話しかけてくる。家族の音で集中が途切れる

緊急事態宣言や長期休暇などでお子さんも在宅を強いられる中でのテレワークは、お子さんが話しかけてくるので相手をしたり、お子さんの世話をしながら勤務する必要があるので仕事が中断するなど、精神的に疲れます。

また、世話が必要ではない家族もテレワークやオンライン授業となっている場合には、その生活音で集中が途切れて作業が思うように進まなくなるので疲れてしまう、というケースもあります。

ONとOFFの切り替えが難しい

会社に出勤する働き方だと、会社と自宅をそれぞれの環境を「会社はON・自宅はOFF」と捉えるかと思います。しかしテレワークだと、勤務時間中は「会社はON・自宅もON」となり、プライベートな空間がどこまでなのか認識しずらくなり、ONとOFFの切り替えが難しくなります。

また、仕事をしようと思えば在宅中いつでも対応できてしまうので、「プライベートな時間が減ってしまった。」と感じてしまったり、結果的に勤務時間が増えることで疲れてしまうのです。

仕事の量や不慣れな業務が増えている

前途のとおり、いつでも対応できて勤務時間が増えるケース以外にも、コロナ禍によって会社の情勢の変化したことにより、勤務時間や仕事量が増えて疲れている人もいます。

今まで会社が請け負ってきた業務とは異なる新しい業種の仕事を請け負うようになったり、取引先やお客さんに直接会うことができない分、より分かりやすい提案をするための付帯業務が増えた、などといった事情から仕事量が増えたり、不慣れな作業をすることにより疲れるケースもあります。

他にも、急なテレワークの実施に伴い、今まで使用していないツールを導入したことによって疲れが増してしまう人もいます。

チャットやオンライン会議が疲れる

テレワークで上司や同僚、取引先とのコミュニケーションを取るために便利なツールといえば、チャットやビデオ機能を利用したオンライン会議です。離れていてもオンタイムでコミュニケーションを取ることができますが、これがテレワークの疲れの理由だという人もいます。

チャットで伝えたいことが伝えきれない・相手を意図を理解しきれない

テレワークになるまではチャットより直接会話をして上司や同僚とコミュニケーションを取る職場で働いていた場合は、チャットだと伝えたいことが伝えきれない、と感じることがあります。

そして、相手のちょっとした表情や声のトーンから相手の意図を理解していた人もいることでしょう。このように、今までと異なるコミュニケーション方法でうまく意思疎通が図れないことに、疲れてしまうのです。

1ヶ所に情報が集中して表示され、自分も常に映し出されるオンライン会議

ビデオ機能を利用したオンライン会議なら、文字だけのコミュニケーションより相手と会話しながらお互いの表情の変化も映し出されるので、コミュニケーションを取りやすくなります。

しかし、リアルな会議と異なり、入ってくる情報はすべてディスプレイから。リアルな会議ならば会議の参加者、資料、ホワイトボード、全員で見るディスプレイ、手元のパソコンと複数箇所に情報があるので自然と身体も動かしますが、オンライン会議の場合はすべてが1ヶ所に集中して表示されるので、目や首肩などへの負担が大きくなります。

また、座りっぱなしで常にカメラに映されていることも疲れます。パソコンの前で少しも動かないようにして気をつけている人も多いのでは?この緊張感と身体への負担から疲れるのです。

少しでも軽減したい!テレワーク疲れ対策

このように、テレワークには意外と疲れる原因がたくさんあります。では、テレワーク疲れを少しでも軽減するために役立つ方法にはどんなものがあるのでしょうか?

できる限り作業しやすい環境を整える

自宅のスペースや費用の問題でなかなか難し場合もありますが、テレワークで執務する環境を、できる限りオフィスに近い、仕事しやすい環境に近づけましょう。働きやすい環境になれば身体が楽になり、作業効率が上がるので肉体的にも精神的にも疲れの軽減が期待できます。環境整備のためにコストがかかる場合は、経費で整備してもらないか一旦上司に相談してみても良いでしょう。

スケジュールを家族と共有し、協力をお願いする

お子さんや家族の影響で思うように仕事が進まない人、それによって疲れてしまう場合には、大まかな仕事のスケジュールを知ってもらい、「この時間帯は話しかけない」などの約束をし、協力をお願いしてみましょう。

子どもが集中できるアイテムを探す

小さなお子さんがいらっしゃる場合には、予定を知ってもらい協力してもらう、というのは困難です。お子さんが興味を持って集中できるアイテムを探し、お子さんがそれに対して集中している時間をうまく活用してテレワークの業務を進めましょう。

お子さんに与えるアイテムは、食事やおやつ、おもちゃや本、ゲームなど、お子さんが夢中になれそうなものをいくつか試しましょう。自分のペースで仕事が捗どれば、精神的な疲れは軽減されます。

作業している場所と別の場所で休憩を入れる

ONとOFFの切り替えが疲れる人は、作業している場所と別の場所で休憩を入れるのがおすすめです。作業している部屋と別の部屋で食事をする、休憩時間はちょっと外出してみる、など作業中と空間を変えてリフレッシュしてみましょう。

OFFには身体を動かすなどのケアを

オンライン会議を始め、パソコンに釘付けになる時間が多いテレワーク。首肩こりや腰痛、眼精疲労など、身体が疲れる要因がどうしても多くあります。血行も悪くなりがちになるので、作業中には1時間に10分は休憩を入れて軽く体操してみる、休日や休憩時間には身体を動かす、入浴ではゆっくり湯船に浸かる、など身体のケアを行いましょう。

疲れを解消してテレワークのメリットを感じられるように

テレワークには疲れる要因があります。しかし新型コロナウイルス等の感染症にかかってしまうリスクが減らせる、通勤時間に費やしていた時間を他のことに活用できる、家事や育児、介護との両立がしやすくなる、などメリットも多くあります。テレワークで感じている疲れをできるだけ解消することができれば「自宅でも働きやすいな。」と思える機会が増えるはずです。

ぜひこの対策法を少しでも取り入れていただき、快適なテレワークを目指していただきたいと思います。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。