タスク管理機能を搭載したビジネスチャットツール4選

普段、コミュニケーションに利用しているビジネスチャットツールでタスク管理も出来れば複数のサービスを行き来することなく、業務を行うことができ、生産性の向上も見込めます。

今回は、ビジネスチャットとタスク管理を別々のツールを利用している企業の方向けに、タスク管理機能を搭載したビジネスチャットを4ツールをご紹介します

1.ワークボードで自分がやるべきことが把握できる「Tocaro」

Tocaroには、自分のタスクやワークフローをひと目で把握することが出来る「ワークボード」という機能が搭載されており、それぞれのタスクやワークフローにコメントをすることで、該当するグループにチャットで進捗状況などが共有できるようになっています。

サービスサイト:https://tocaro.im/

2. タスクごとにチャットができる「Team Hack」

Team Hackは、業務コミュニケーションのしやすさに特化したツールで、1つの画面に左からプロジェクト名、タスク名、チャットの内容、といった感じに3列のデザインになっており、シンプルかつ分かりやすいUIとなっており、それぞれのタスクごとにチャットが出来るようになっています。

複数のプロジェクトに関わっていても、混乱することなく現状把握をすることが出来ます。スムーズです。

サービスサイト:https://cp.teamhack.io/tc0001/

3. チャットしながらタスクが作成出来る「Chatwork」

Chatworkは、チャットをしながらタスクの作成も出来るので、チャット会話の中で出てきたタスクをもらすことなく管理することが出来ます。

サービスサイト:https://go.chatwork.com/ja/

4. メンバーのアクティビティを把握できる「Taskworld」

Taskworldは、タイム計測&ログ機能を搭載しており、メンバーが各タスクで費やした時間を計測したり、詳細なアクティビティログまで把握することが出来ます。

サービスサイト:https://taskworld.com/ja/

(記事内の情報は調査を実施した2020年8月31日時点のものです。ご利用の際は各サイトにて最新情報をご確認ください。)

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。