社内コミュニケーションの重要性と働き方改革との関連性を解く!

多くの企業で、社内コミュニケーションの重要性に注目が集まっています。その背景の一つには、今日本の働き方が大きな変革期を迎えていることです。2018年に働き方改革関連法改正案が閣議決定され、政府主要機関は日本の企業に対して生産性の向上と働き方改革を求めています。

しかし、社内コミュニケーションと働き方改革は一見関連性がないようにも感じますが、実はこの2つには大きな関連があるのです。本記事では、働き方改革の目的をみていきながら、社内コミュニケーションの重要性を解説していきます。

働き方改革は、多様な人材の活用により企業の生産性が向上する

現在日本が抱える一番の問題は超高齢化社会による働き手の減少です。そこで、労働者が在宅で働けたり、定年を引き上げたり、残業を減らすなどして、「労働者にとっての働きやすさ」を追求し、労働人口を確保することが必要です。

そして、多様な人材が社会で活躍できるよう労働法を整備したのが、働き方改革なのです。

こうして、以前より労働者が働きやすくなることによって、企業は優秀な人材を確保できます。すると、おのずとして生産性の向上につながります。

雇用条件としては働きやすくなる一方で、社内コミュニケーションが希薄に

労働者が働きやすくなり、生産性も向上するとなるとメリットばかりの働き方改革に思えますが、デメリットもあります。

そのひとつが、社内コミュニケーションの減少です。働き方改革で推奨されている新しい働き方として、テレワークを含むリモートワークや、フレックスタイム制があります。

従業員一人ひとりが自分のペースで働くそのため、以前のように社員同士が常に同じ空間で仕事をする、という機会が減少しています。

また、働き方が多様化していることによって、非正規雇用での雇用も増え、同じ職場の中で様々な立場の社員が働くことが一般的になってきました。

これにより、社内でのコミュニケーションが希薄になり、情報の共有が難しくなってきています。これからは、勤務する場所も時間も異なる社員同士を、どのように結びつけて社内コミュニケーションを活性化するかが重要になっているのです。

社内コミュニケーション減少すると、社員の方向性にずれが生じやすくなる

社内コミュニケーションが減少してしまうことによって生じてしまうのが、「社員が持つべき目的や目標のずれ」です。経営陣や上長など、指示を出す立場からの企業経営の方針やプロジェクトの方向性を伝達する機会が減少すると、組織のメンバーが目指す方向がずれてしまいます。

組織の一体感が失われてしまうと、社内の雰囲気が悪化して働きにくいと感じはじめ、離職する社員が増える可能性もあります。

また、人間関係も希薄になり、雑談で解決するような悩みも抱え込んでしまう可能性も。そして作業が滞るようになり、精神的に疲弊してしまう社員も生み出してしまうケースもあります。

従業員同士の情報共有が活性化による影響

従業員同士が情報共有を率先して行なうなどの社内コミュニケーションが活発化すると、チームとしての一体感が高まり、仕事のスピードも質も上がりやすくなります。

また、個々の悩みを軽減することができたり、従業員がプロジェクトにコミットする企業風土が生まれ、前向きな議論や提案によって、クリエイティブな発想やイノベーションに繋がることもあり、従業員が「働きやすい」と感じ、企業への満足度向上にも影響を及ぼします。

反対に、チームで情報共有がしっかりと行われていないと問題がいつの間にか顕在化し、大きなトラブルになるケースも考えられます。問題が大きくなるプロセスで誰も気づくことができないためです。

誰がどのような情報を持っているか分からないという状況では、必要とする情報を持っている人にたどり着くまで時間がかかり、生産性の低下につながるのです。

場所や時間を問わずに社内コミュニケーションができる、ITツール

現在ビジネスの現場を支えているコミュニケーションツールは、場所や時間を問わずに使用できるものが多く、プロジェクトや部署ごとでグループを作成して社内コミュニケーションを取ることができます。

お互いの顔を見ながら話せるビデオ機能が搭載されているツールや、データをオンライン上で共有できる機能などもあって、勤務している場所が離れていても、問題なく会議ができます。

また、グループのメンバーと気軽にコミュニケーションを取りたい場合には、チャット機能を使えば設定したメンバー内で連絡を取り合うことができます。メールより簡単に連絡を取り合えるので、コミュニケーションの活性化が図れます。

働き方改革と、社内コミュニケーション改革の時期に来ている

働き方改革が進められ、文字通り働き方が大きく変化し始めています。今までのようにメンバー全員が同じ時間に集まって一斉に働くというスタイルは今さらに減少していくでしょう。

労働人口が減少していく中で生産性を維持・向上させるためには、今までの働き方を変えていく必要があることと同時に、社内コミュニケーションの重要性を理解し、そのあり方を見直すべき時期に来ているということです。

そんな中でも、テクノロジーの進化によって、コミュニケーションを支えるツールが続々と登場しています。ツールを上手に利用して、生産性の維持・向上を図りましょう。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。