タスク管理と進捗管理が同時に出来る「Tocaro(トカロ)」

今回は、タスク管理と進捗管理が同時に可能なワークプロセスマネジメントプラットフォーム「Tocaro(トカロ)」をご紹介していきます。

「To-Do」でタスク管理と進捗管理を両立

Tocaroでタスク管理をする際には、まず、To-Doに対して今後やらなければならない作業を入れます。この時Tocaroではタスクのタイトルの他に、ラベルや作成者、重要度、作業者、進捗状況を入れたりファイルを添付することができます。

個人のタスクを管理することもできますが、これをグループで管理することで、グループの全員が確認できるようになっています。タスクに対して、他のメンバーがコメントを入れることになっているため、タスクに関する質問や、アドバイスなども容易にやり取りできます。

進捗状況は「作業前」「進行中」「確認待ち」「差し戻し」「完了」の5つのステイタスで管理できるようになっており、それぞれが色分けされたバーで表示されるようになっているため、、現在のステータスがひと目で分かるようになっています。ズラッと並んだタスクもどれが緊急性が高いのかが一目瞭然なので、タスクの漏れなども防止することができます。

「チャット」機能によりタスクの実行をサポート

Tocaroにはチャット機能も付いており、グループ内でコミュニケーションをとったり、仕事の進捗確認や個別の業務について相談しあうことなども容易にできます。

タイムライン上で自分で気になるコメントは「後で見る」というボタンを押すと、後述する「ワークボード」にためていくことができ、抜け漏れなくやり取りをした内容を進めていくことができます。

ワークボードを使えば自身のすべての仕事を把握できる

「ワークボード」は、Tocaroの最大の特徴と言える機能で、未読の「チャット」や自身のタスクを管理する「To−Do」、返信が必要な「ワークフロー」などが一覧で表示され、実施しなければ行けない仕事をすべて確認することができます。

タスク管理ツールの一歩先を行くTocaro

現在多種多様のタスク管理ツールが存在する中で、「Tocaro」は独自の機能が満載です。標準的な機能はもちろんのこと、その一歩先の機能が用意されています

Tocaroの特徴

また、社員数の多い会社でテストを重ねて開発された製品なので、プロジェクトの規模も選びません。全体的に作業効率を向上を意識して開発された、安心して使えるツールとなっていて、業務の最適化を促します。海外に展開する企業でも必ずビジネスの心強い味方となるでしょう。

「Tocaro」はビジネスにおいて成果を求める方々のために開発されました。無料トライアルもありますので、タスク管理ツールご検討の方は一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

【関連記事】
●タスク管理アプリで共有重視派におすすめ!チーム力が高まるアプリ5選
●国内で導入が進むプロジェクト管理・タスク管理ツール21選
●プロジェクト管理・タスク管理ツールのおすすめ5選
●ビジネスチャット機能のあるタスク管理ツールを一挙紹介
●タスク管理ツールのパソコン・スマホ対応を徹底調査
●タスク管理ツールの試せる無料&トライアルプランを徹底調査
●タスク管理ツール21サービスの機能を徹底調査
●チームワークを高めるタスク管理ツールの機能を徹底調査
●タスク管理能力を簡単にアップできるサービスをご紹介

タスク管理と進捗管理が同時に出来る『Tocaro』についてご存知でしょうか?詳細は下のオレンジ色のボタンからご覧になれます。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。