業務効率化の目的はコスト削減?業務効率化のメリットと進め方

少子高齢化が加速する中、日本企業はこれまで以上に労働力不足という問題に直面します。その解決策として生産性の向上が挙げられますが、その第一弾としての取り組みが業務効率化です。

業務効率化の実施方法やメリット、実際に導入する際の注意点などを詳しく解説していきます。

業務効率化とは

業務効率化とは、現在行っている業務や仕事を効率的に実行することです。業務効率化を行うことで、企業はコスト削減や生産性の向上を実現することが出来ます。

これまでも各企業で業務効率化の取り組みは見られてきましたが、チームや部門レベルでの業務効率化が大半であったと思います。

冒頭にも書いたように日本は少子高齢化が加速し、これからどんどん労働不足が懸念されています。また、働き方改革など従業員のワークライフバランスの実現など、生産性の向上は最も重視しなければいけない課題となってきており、その中においてはこれまでのようなチームや部門レベルといった部分最適の業務効率化だけではなく、全社を上げた業務効率化の実現が求められています。

業務効率化のメリット

業務効率化のメリットは、企業から見ると生産性の向上による付加価値(利益)の増加が挙げられます。これまでと同等の売上を人数を増やさず、より少ない資本で実現することが出来れば付加価値を増加させることが出来ます。

企業視点で考えれば、この付加価値の増加というのが最大のメリットとなりますが、業務効率化は従業員にとっても大きなメリットがあります。

業務効率化が進むことで従業員は労働時間を削減し、ワークライフバランスの実現をすることも出来ますし、業務効率化により利益が増加すれば還元を受けることも期待できます。これにより従業員満足が高まり、企業への定着率向上も期待できます。

業務効率化はどのように行うのか?

業務効率化を行う際には、まずはじめに社内で実際に実施している業務を全て棚卸しし、見える化することから始めます。

見える化を通じて、社内の業務の中で「ムリ」に実行している業務や「ムダ」な業務、「ムラ」のある業務といった「ムリ、ムダ、ムラ」を発見していきます。

社内に潜む「ムリ、ムラ、ムダ」を発見できたら、次に実行するのは業務フローと業務内容の見直しを実施し、実際に業務を行ってみます。しばらく新しい業務フロー・業務内容で業務を実施したら、最後に検討するのがITツールなどの導入を検討し、一層の業務効率化を行っていきます。

業務効率化を導入する際の注意点

業務効率化を導入する際の注意点としては「全社員が業務効率化の重要性を理解し取り組む」「業務効率化にこだわりすぎない」「業務効率化の取り組み自体を社内の業務フローに取り組む」という3点があります。

これらの注意点については以下の記事にも詳しく書いてありますので、是非合わせて読んでください。

関連記事:業務効率化を成功させる3つのポイント

全社を上げて業務効率化に取り組みましょう

少子高齢化、働き方改革という社会の流れから企業は、これまで以上の業務効率化を通じた生産性の向上が求められています。

業務効率化は、今日明日ですぐに実現するものではありませんので、社内で明確な目的とゴールを設定し、常に業務効率化が行われる体制構築を実現していくことが重要となります。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。