プロジェクト管理でビジネスチャットが有効な理由

プロジェクト管理を実施するにあたりプロジェクト管理ツールでタスクやスケジュールなどの管理は多くの企業で行われていることだと思います。しかし、プロジェクトを成功させるためにはプロジェクトに携わるメンバー間で良質な「コミュニケーション」が行われていることが重要となります。

今回は、プロジェクト管理をする上でビジネスチャットが有効な理由とプロジェクト管理機能とビジネスチャット機能の2つが搭載された5つのツールをご紹介していきます。

プロジェクト管理でビジネスチャットが有効な理由

働き方改革や2020年からの新型コロナウィルス感染拡大などによって、リモートワークが拡大し、プロジェクトに関わるメンバーも同じ場所ではなく、それぞれが別々の場所で働いているケースも増えてきました。

この場合、遠隔にいても一緒にいるのと同じコミュニケーションが取れるようにする必要があります。そこで有効な手段がビジネスチャットの活用です。

ビジネスチャットは、インターネットとツールにアクセス可能なデバイスさえあれば別々の場所にいたとしてもリアルタイムかつ双方向でのコミュニケーションを行うことが可能です。

会議を行うにしてもこれまでであれば同じ場所に集まるということが常識でしたが、ビジネスチャットで議論したいテーマを投稿してそこに対してプロジェクトメンバー全員で意見を出し合ったり、話が擦り合わない場合には、ビデオ会議に切り替えて議論をしたりすることも可能です。

また、ビジネスチャットがプロジェクト管理において有効な理由としては情報共有がしやすいという点も挙げられます。

これまであれば共通のフォルダを作って格納をしたり、メールでやりとりをしていたものの、ビジネスチャットのプロジェクトメンバー用のルームやグループに投稿をすれば、すぐに全員共有が出来ますし、共有をした情報は保存がされているため、いつでも過去の情報に対してアクセスをすることが可能となります。

その他にも、最近のビジネスチャットにはタスク管理機能が搭載されたものも出てきていますので、ビジネスチャットを導入しただけでプロジェクト管理からプロジェクトメンバー間でのコミュニケーションまで一気通貫で行うことが可能となっています。

プロジェクト管理機能とビジネスチャット機能を兼ね備えたツール5選

プロジェクト管理(タスク管理)機能とビジネスチャット機能の2つを搭載したツールを5つご紹介します。

1.Tocaro

Tocaroのサービスサイトを見る:https://tocaro.im

2.Chatwork

Chatrowkのサービスサイトを見る:https://go.chatwork.com/ja/

3.Team Hack

TeamHackのサービスサイトを見る:https://teamhack.io

4.Mammoth Project

Mammoth Projectのサービスサイトを見る:https://mmth.pro/ja

5.Taskworld

Taskworldのサービスサイトを見る:https://taskworld.com/ja/

プロジェクト管理をコミュニケーションでよりスムーズに

これから先、違う場所にいるメンバーでプロジェクトを一緒に行うということは当たり前になっていく可能性が高いです。

従来は対面やメール、電話などでやりとりをしていたコミュニケーションもビジネスチャットに置き換わっていく可能性は大きくありますし、特定の業種ではすでにそうなっています。

ビジネスチャットにはまだ抵抗感がある人も多いですが、今後に向けてビジネスチャットでのコミュニケーションにも慣れていき、是非スムーズなプロジェクト管理が行えるように準備をしてください。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。