ガントチャートが使えるプロジェクト管理ツール6選

複数のメンバーで行うプロジェクトの管理を行う際に便利なのが、一目でタスクとスケジュール管理が出来る「ガントチャート」です。

エクセルやGoogleのスプレッドシートなどで管理している会社も多いと思いますが、複数タスクのスケジュールをしっかりと更新しようとすると意外と手間がかかっていたりしないでしょうか?

今回は、そんな手間を一気に解決してくれるガントチャートが搭載されたプロジェクト管理ツールを6つご紹介していきたいと思います。

プロジェクト管理にガントチャートを利用するメリット

プロジェクト管理でガントチャートを利用する最大のメリットは、プロジェクトのタスクとスケジュールを見える化することで全体像を俯瞰して見ることが出来るようになることです。

各タスクに開始時期と終了時間を設定することでどの程度の業務時間がかかるかを把握したり、進捗具合を把握して、必要な場合にはオンスケジュールになるようにサポートに入る意思決定を早い段階で行うことも可能になっています。

また、ガントチャート自体は縦軸にプロジェクトのタスク、横軸にスケジュール(日程)を入力して一覧化するというとてもシンプルなフォーマットのため、はじめてガントチャートを触れる人でもすぐに把握をして、活用できるようになるのも大きなメリットとなります。

ガントチャートを搭載したプロジェクト管理ツール

それでは、早速ガントチャートを搭載した6つのプロジェクト管理ツールをご紹介していきます。

1.Asana

作業開始前にタイムラインを使ってプロジェクトをスケジュール
出典:https://asana.com/ja/guide/help/premium/timeline

Asanaのガントチャート機能を見る

2.Backlog

ガントチャートは横軸に期間、縦軸にタスクをならべて一覧で表現される
出典:https://backlog.com/ja/blog/effective-use-of-gantt-chart-for-project-scheduling/

Backlogのガントチャート機能を見る

3.Jooto

出典:https://www.jooto.com/user-guide-2/ganttchart/

Jootoのガントチャート機能を見る

4.Redmine

出典:https://redmine.jp/glossary/g/gantt/

Redmineのガントチャート機能を見る

5.Taskworld

6
出典:http://taskworld.blog.jp/gantt-chat

Taskworldのガントチャート機能を見る

6.Wrike

出典:https://www.wrike.com/ja/gantt-chart/

Wrikeのガントチャート機能を見る

プロジェクト管理ツールでより業務に集中を

ガントチャートが搭載されたプロジェクト管理ツールを活用すれば、これまで手間のかかっていた更新の時間がぐっと短く出来、より一層チームメンバーでプロジェクトに集中して取り込むことが出来ます。

まだ使ったことのない方は是非ガントチャートを搭載したプロジェクト管理ツールを利用してみてください。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。