プロジェクト管理ツールの選び方とおすすめツール3選

チームで行うプロジェクトを効率よくかつ成功に導くツールとして、最近導入が進むのが「プロジェクト管理ツール」です。今回は、プロジェクト管理ツールで出来ることから、選び方、おすすめのプロジェクト管理ツールまで一挙にご紹介していきます。

プロジェクト管理ツールで出来ること

プロジェクト管理ツールは、チームで行うプロジェクトを管理するツールで以下のようなことが実現できます。

1. プロジェクトのタスク管理と進捗状況の可視化

プロジェクト全体のタスク管理や実際にどの程度進んでいるかなどが直感的に把握することができます。

2. ファイルやデータの共有と蓄積

プロジェクトで利用するファイルやデータなどを一括共有ことが可能で、後からでも簡単に探すことが可能です。

3. チーム内でのコミュニケーション

チャットによるコミュニケーションはもちろんファイルやデータなどに関してもコメントを通じてすぐにフィードバックをすることが可能です。

4. コスト管理

工数管理を実施することでコスト管理も行うことが出来ます。

プロジェクト管理ツールの選び方

プロジェクト管理ツールを選ぶ際には、その他のツールを選ぶ時と同様に流行っているものを導入するのではなく、自社にとって最適なツールを選択し、導入する必要があります。

自社にとって最適なツールを選ぶ際には、「クラウド型かオンプレミス型か?」「自社のプロジェクトに必要な機能が搭載されているか?」「プロジェクトメンバーが実際に操作できるか?」という3点に関しては必ずチェックしてください。

クラウド型かオンプレミス型か?

プロジェクト管理ツールはクラウド型とオンプレミス型の2つの提供タイプがあります。

クラウド型は、導入コストが安く抑えられますが、カスタマイズやセキュリティ面はベンダーに依存する形になります。逆にオンプレミス型は、導入コストは高くなりますが、自社に合わせたカスタマイズやセキュリティ対策を行うことが可能です。

自社のプロジェクトに必要な機能が搭載されているか?

多くのプロジェクト管理ツールには、前述の通りタスク管理機能やファイル共有機能、コミュニケーション機能などが搭載されていますが、それらの機能で自社で行いたいプロジェクト管理が正確に行うことが出来るかどうかはしっかりと確認する必要があります。

プロジェクトメンバーが実際に操作できるか?

プロジェクトメンバーの年齢の幅が広い場合や、最近ではリモートワークが多い場合など、プロジェクトに関わるメンバーが新しく導入するプロジェクト管理ツールをしっかりと操作できるかどうかを確認する必要があります。

おすすめプロジェクト管理ツール3選

プロジェクト管理ツールで実現できることと選び方について解説をしてきましたが、ここではおすすめのプロジェクト管理ツールを厳選して3ツールご紹介したいと思います。

1. 大企業が多数導入「Tocaro」

Tocaroのサービスページを見る:https://tocaro.im/

2. タスク管理と進捗管理が直感的に「Backlog」

Backlogのサービスページを見る:https://backlog.com/ja/

3.自由なカスタマイズが可能「Redmine」

Redmineのサービスページを見る:https://www.redmine.org/projects/redmine

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。