コロナ禍で重要性が増す社内コミュニケーション

長引く新型コロナウィルスの感染拡大の中、リモートワークなど働き方の多様化が進んでいます。そんな中、日に日に重要性が増しているのが「社内コミュニケーション」です。

これまでは、同じ場所、同じ時間に勤務をしていたため、意識をしなくても出来ていたコミュニケーションが、なかなかしづらい状況になってきています。

今回は、改めてなぜ社内コミュニケーションが重要なのかと、社内コミュニケーションがうまく取れないことにより起きる問題、そしてその解決策を解説していきたいと思います。

なぜ社内コミュニケーションが重要なのか?

新型コロナウィルス感染拡大前は、多くの企業がオフィスを構え、勤務時間を規定し、大半の従業員が同じ場所に同じ時間集まり、仕事をするというが普通でした。

同じ場所に同じ時間集まることで、自然と上司と部下や同僚同士、部署を跨いだ社員同士でコミュニケーションが生まれ、お互いの状況の共有やちょっとした相談事などを簡単に行うことが出来ました。

社内コミュニケーションが活発に行えると「社員のモチベーション向上」「不正行為やコンプライアンス違反行為低減」「顧客満足の向上」など経営にとってプラスに働く効果があります。

社内コミュニケーション不足により起きる問題

新型コロナウィルス感染拡大により、リモートワークが一般的になり、働き方自体も多様化する中で、必然とこれまで行えていた社内コミュニケーションが行えなくなり、多くの企業で社内コミュニケーション不足が発生する自体になっています。

社内コミュニケーションが不足してしまうと、先程のメリットとは逆に「社員のモチベーション低下」「不正行為やコンプライアンス違反行為の発生」「顧客からのクレーム増加」といった問題が発生してしまいます。

これらが起きる要因としては「社員が持つべき目的や目標にずれが生じる」ことがあると言えます。

経営陣や上長など、マネジメントの立場からの企業経営の方針やプロジェクトの方向性を伝達する機会が減少すると、組織のメンバーが目指す方向がずれてしまいます。

組織の一体感が失われてしまうと、社内の雰囲気が悪化して働きにくいと感じはじめ、離職する社員が増える可能性もあります。

また、人間関係も希薄になり、雑談で解決するような悩みも抱え込んでしまう可能性も。そして作業が滞るようになり、精神的に疲弊してしまう社員も生み出してしまうということが起きてしまいます。

ITツールを活用して、活発な社内コミュニケーションを

現在ビジネスの現場を支えているビジネスチャットをはじめとするコミュニケーションを目的としたITツールであれば、場所や時間を問わずにプロジェクトや部署ごとでグループを作成して社内コミュニケーションを取ることができます。

お互いの顔を見ながら話せるビデオ機能が搭載されているツールや、データをオンライン上で共有できる機能などもあって、勤務している場所が離れていても、問題なく会議ができます。

また、グループのメンバーと気軽にコミュニケーションを取りたい場合には、チャット機能を使えば設定したメンバー内で連絡を取り合うことができます。メールより簡単に連絡を取り合えるので、コミュニケーションの活性化が図れます。

自社の社内コミュニケーションのあり方を見直してみませんか?

今後これまで以上に働き方の多様化は進むと考えられています。そんな中で、自社内の社内コミュニケーションのあり方を見直す時が来ているかも知れません。しかも、これまでのようなリアルでのコミュニケーションではなく、オンライン上でのコミュニケーションのあり方を優先して検討することが求められています。

今回ご紹介をしたように社内コミュニケーションを活性化するために、場所や時間を問わずにコミュニケーションをすることができるビジネスチャットツールなどを導入する企業も増え続けています。もし、まだ社内でビジネスチャットを始めとしたオンライン上でのコミュニケーションツールの導入が出来ていなければ、一度検討してみてはいかがでしょうか?

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。