見える化とは?見える化の起源と取り組み事例

見える化は、企業の業務や財務状況、戦略などを具体化し、客観的に捉えられるようにして企業内に共有することで、早期の問題発見や解決策の実行をすることが可能になります。

今回は、そんな見える化がどのように広まったのか?また、様々な業界でどのような見える化が行われているのかをご紹介していきたいと思います。

製造業から広まった「見える化」

「見える化」という言葉が世に送り出されたきっかけはトヨタ自動車でした。トヨタ自動車では、工場で起こるアクシデントをいち早く多くの従業員で共有する手法を発案しました。

生産ラインのどこかで不具合が起こると「アンドン」という、その名のとおり行灯のようなランプを点灯させ、アンドンが目視できる範囲の関係者全員が問題が起きていることが一目瞭然になる仕組みを作り上げたのです。

また、無駄に在庫を抱えないため在庫の適正化も実施。生産量を最小化するための「カンバン」というツールも開発しました。

「カンバン」方式を実践するまでは、在庫過多による多くのコストを抱えていました。しかしこのツールを使うことによって、生産ライン関係者のみならず発注担当者も目で見てすぐに在庫状況を把握できる形になったため、発注するかどうかの判断できるようになりました。そして過多に在庫を抱えることがなくなったのです。

このような「目で見る管理」は、今まで目で見えなかったものを見えるようにすることによって従業員たちに問題意識を芽生えさせ、迅速に解決に向けて行動する取り組みとして「見える化」と名付けられたのです。その根底には、一体どのような思いがあったのでしょうか。

製造業の現場はとてもシビアな世界です。行程や工数が多いと、1つでも無駄な動きが入るこむだけで莫大なロスへのつながってしまいます。

また、発注を誤るなどして在庫を持ちすぎることは経営をひっ迫させる原因になります。特に生産工程が多く構成する部品数がとてつもない量の自動車となると当然単価も高いので、それが顕著になります。

そのようなシビアな世界で常に改善に取り組む気持ちを持ち、いかに生産性を向上させるかという飽くなき追求の結果生まれたのが「見える化」なのです。

見える化によって問題点が明らかになると、現場で関わる従業員全員で問題が共有できます。これが大変重要で、共有された時点で問題は解決に向かってると言っていいでしょう。

このように「問題意識の共有」によって問題を予防したり迅速に対応する習慣が繰り返されることにより生産性の向上を実現したのが、生産現場の見える化だったのです。

プロジェクト管理に欠かせない「見える化」

製造業から広まった「見える化」は様々な場面で導入されるようになりましたが、その中でもプロジェクト管理には欠かせない取り組みになったと言えます。

プロジェクトの業務全体を丸ごと見える化することによって、プロジェクトに関わる全メンバーとあらゆる情報を共有し、リアルタイムで変更などを行いながらプロジェクトを進めていくという方法もとられています。

実際にプロジェクト管理においてどのような情報や状況を見える化するのかをご紹介します。

1. タスク管理
日常的なタスクを具体的に洗い出し整理します。作業漏れが起きないように対策を講じることができます。

2.コスト管理
プロジェクトで発生する費用をを明確化して管理します。もし当初の計画コストと実績コストに乖離が発生した場合にはその詳細を確認し、対応する際に活用できます。

3.スケジュール管理
作業の予定や進捗状況、次の工程の準備などを時系列で管理し、納期への

4.品質管理
作業の課題やアクシデントを明示化し、課題を洗い出しながら作業を進めることができます。また、その際どのような対応をしたかを記録することによって今後の対応や業務改善につなげることができます。

5.コミュニケーション管理
現場からの質問、要望、回答などの公開し、関係者全員でその意思を共有することができます。

プロジェクトの見える化はリスク管理にも

これらを見える化することによって、逐次修正を行いながらプロジェクトを進行できるため、途中でプロジェクトが中止となるといったリスクも管理できます。

これらの管理は今までは現場の担当者の感覚、いわばさじ加減で行われることが一般的でした。しかし、情報を共有せずに担当者任せでは様々な問題が生じる可能性があり、アクシデントが起きた対応も後手後手となってしまうなど、そのリスクを管理することもできません。

見える化によってリスクを軽減することができるのです。

他業種でも「見える化」が広まっている

「見える化」は、製造業の生産現場にとどまることなく、様々な業界に浸透していくことになりました。

その中でも、一番良く使われるのが「情報を見える化する」という使われ方です。本来職場では共有されるべき情報ですが、その情報が何らかの障害によって隠されてしまうことがあります。それを健全に共有できるよう「見える化」しようという取り組みです。

見える化して業務を可視化することによって、業務のプロセスを管理しやすくなる上、その業務に携わる全ての人が、同じレベルで問題意識を共有することができます。それにより問題が起きた時に処理に取り掛かる時間が早くなります。

さらにはチームの一体感も生まれやすくなり、生産性も向上にも繋がりやすくなります。

医療現場でも応用されている「見える化」

現在では医療現場においても「見える化」が浸透しています。見える化の代表例でいうと「電子カルテ」です。今では当たり前になった電子カルテですが、それまで先生がペンで記述していたものが、画面を通じて患者と一緒に見ることができるようになりました。

また、中規模以上の病院経営などでは、看護師や職員の業務の見える化を行い、業務改善を行うケースも出てきています。病院のように様々な業務があるとそれぞれにかかる時間を洗い出すのは大変な作業ですが、業務フローによって「見える化」されれば、労働の平準化ができたり、シフト作成の見直しもできます。それにより作業の効率化が図れ、残業も減らせるようになるのです。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。