無料プランあるおすすめビジネスチャットツール4選

働き方改革が進み、仕事の生産性向上のために「テレワークの導入」や「ワークスタイルのフレキシブル化(柔軟で融通が利くスタイル)」が推奨されています。その流れの中で、ビジネスの場で当たり前のように使われるようになってきたビジネスチャットツールですが、新型コロナウィルスの影響によるリモートワークへのシフトが多くの企業で行われています。メールや電話よりも場所や時間を考えずに気軽にやり取りできるため、「社内の会話はほとんどビジネスチャット上で行っている」という企業も多くなっています。

そこで今回は、無料版のビジネスチャットツールを比較していきながら、おすすめ4選を徹底比較します。

ビジネスチャットツールとは?

ビジネスチャットとは、文章でのやりとりが個人用SNSのように即時にできるコミニュケーションツールのことを言います。ビジネスシーンにおけるメインの連絡方法は、電話やメールが主でした。

しかし、メールの場合は定型文のマナーが必要で、気軽に送りにくいうえに、前置きが長いために、大事な部分がきちんと確認されなかったり、また見落とされるという懸念点もあります。

その点、ビジネスチャットツールは、リアルタイムでの閲覧・返信が可能となりました。サービス会社によっては、既読なのかも確認できます。メールよりも気軽に送ることができるようになり、大幅に業務効率化につながるようになりました。

ビジネスチャットを選ぶ際の比較すべき4つのポイント

多くのビジネスチャットツールの中から、貴社にぴったりなものを選ぶポイントをご紹介します。

1. 費用

ビジネスチャットツールの料金体系は、ユーザー数に応じて月ごと、もしくは年ごとに課金される仕組みであることがほとんどです。

価格表上では数百円しか差が無くとも、実際にかかる金額としては大きく差が出る場合があるため、費用感には十分気を配りましょう。

2. 社外との連携の取りやすさ

ビジネスチャットツールは、サービス会社によって社外対応の得意・不得意に分かれます。サービス会社によっては、社外とのやり取りが前提となっていないこともあるため、ビジネスチャットで社外との連携を兼ねたい場合は十分注意しましょう。

また、社外との連携を考える際は、比較的メジャーな定番のサービス会社にすると自社・相手ともにユーザー登録や使い方の習熟といった手間を省きやすいため、おすすめです

3. 外部ツールとの連携機能

ビジネスチャットの中にはグループウェアやCRM(顧客管理)など、様々な外部ツールと連携が可能なサービスが存在します。特定グループ内の発言をタスク化したり、在庫状況を通知するチャットボットを作成したりなど、業務の効率化をより高いレベルで実現可能にできるのです。

会社にビジネスチャットツールを導入後に、どのように活用したいのかよく社内で話し合い、外部ツールとの連携をよく検討しておくことが大事です。

4. 社内SNSとしても利用可能か

社内コミュニケーションの質の向上や、社内ヘルプデスクの負担軽減など、社内に関する課題解決をビジネスチャットで期待する場合は、社内SNSとしても利用可能かどうかを比較ポイントとして考えましょう。

無料プランがあるおすすめビジネスチャット4選

無料版は機能制限がある場合が多く、有料版はツールによっては制限がないものもあります。外部とのやり取りが多いのであれば、有料版の導入が必要かもしれませんが、無料版でも十分対応できる場合もありますので、まずはこちらを参考にしてお試ししてみて下さい。

1. 世界シェアNo1、連携可能な外部ツールは2,400種類以上「Slack」

「Slack」は、Slack Japan 株式会社がサービスを提供する世界150ヵ国以上の企業で導入されているビジネスチャットツールです。「チャンネル」という会話、ファイル、ツール、メンバーなどを1か所にまとめて整理することができる機能があり、話題の整理がしやすさが人気の秘訣です。

チャンネル内で作業をすると、チーム全員が進捗状況や目的を共有できます。外部ツールと連携することで、Slackのチャンネル上にアラートや重要情報がアップされるため、業務効率を上げることができます。ビジネスシーンでの利用が多いGoogleドライブやDropboxなどの2,400種類以上の外部のサービスと連携ができるようになっている点も使いやすい点です。

【タイプ】
クラウド型

【料金プラン】
プロ 850円(年払いの場合)/ユーザー/月
ビジネスプラン 1600円(年払いの場合)/ユーザー/月
Enterprise Grid 要相談

【無料プラン】
30日間のみ
・すべての情報を瞬時に検索(最大 10,000 件までのメッセージ)
・他ツールとのインテグレーション(最大 10 個まで)

Slackサービスサイト :  https://slack.com/intl/ja-jp/

2. 現場の強い味方!建設業で圧倒的な支持「direct」

「direct」は、株式会社L is B(エルイズビー)が提供する国産ビジネスチャットです。現場をお持ちのユーザーのコミュニケーションツールとして、2021年1月には2,500社以上の企業が導入。連携する「チャットボット」で現場のRPAとなる業務の自動化・効率化を実現しています。

「現場」にフォーカスしたビジネスチャット、スマホやタブレットで活用できる機能を多数搭載しており、写真に直接指示を書き込める、現場ごとに組織を切り替えながら使うことを前提としたメンバー管理など、直感的でわかりやすい操作性のため、導入教育も必要ないところが強みです。

オプションでは、デジタルサイネージ機能が搭載されていて、スマホやタブレットで簡単にサイネージ配信でき、現場での注意喚起が必要な方々に重宝されています。

【タイプ】
クラウド型、オンプレミス型

【料金プラン】
ベーシック(〜10名) 6,000円/月
プラス(〜20名) 12,000/月
プレミアム(〜50名) 27,500/月
マックス (〜100名) 50,000/月

【無料プラン】
ユーザー数:10名
利用できるトーク数:15
データ保存機関:180日間

directサービスサイト :  https://direct4b.com/ja/

3. 最大1,000人まで参加可能なオンライン会議機能「Microsoft Teams」

「Microsoft Teams」は、Microsoft社がサービスを提供する、ユーザーが仕事でもプライベートでも、最も大切なことを達成するのに役立つように設計された生産性向上クラウドです。

自社にMicrosoft 365がすでに導入されているなら、Microsoft Teamsを追加費用ゼロ円で利用できるように、マイクロソフトの「Office365」に組み込まれているサービスなので、「Office365」との連携が最大の特徴です。

共有のワークスペースにファイルなどをまとめられるので、場所に制限されず仕事をしたり、チームとチャットが行えます。Word、Excel、PowerPoint、SharePointなど組み込みのOffice 365アプリでファイルの共同作業が行える点が特長で、業界を問わず、さまざまな企業で導入・活用されています。

最大1,000人まで参加が可能なオンライン会議機能と、ソフトバンクの「Uni Talk」を使った電話システムも人気です。

【タイプ】
クラウド型

【料金プラン】
Microsoft Teams:無料
Microsoft 365 Business Basic:年間契約540円/ユーザー/月
Microsoft 365 Business Standard:年間契約1,360円/ユーザー/月
Office 365 E3:年間契約2,170円/ユーザー/月

【無料プラン】
・無制限のグループ会議、最大 60 分
・1 つの会議の参加者最大 100 人
・ユーザー 1 人あたり 5 GB のクラウド ストレージ
・同僚や顧客との無制限のチャット など
使用期限はなし

Microsoft Teamsサービスサイト : https://www.microsoft.com/ja-jp/microsoft-365/microsoft-teams/group-chat-software

4. 万全なセキュリティと業務効率の改善機能が搭載「Tocaro」 

「Tocaro」は、伊藤忠テクノソリューションズがサービスを提供する金融機関レベルのセキュリティ、​​2,000社以上の利用実績を誇るビジネスチャットツールです。仕事のプロセスを可視化し、チームの生産性を高める、ただ1つのツールです。

特徴は、『プロジェクト管理』『リアルタイムチャット』『ワークボード』の3つの特徴的な機能を始め、『ワークフロー』『ファイル共有』『既読管理』『ビデオ通話』『検索』『​​API・連携機能』『アクセス管理』『専用アプリケーション』などを装備しています。

世界中で数十万社が利用するセキュアなファイルストレージサービスBox®︎と強度な連携ができる唯一のツール。金融機関レベルのセキュリティなので、安心安全で使いやすさを重視する金融・通信・鉄道・航空・教育など、幅広い業界で利用されています。

【タイプ】
クラウド型・オンプレミス型

【料金プラン】
スタンダードプラン 800円/ユーザー/月
ビジネスプラン1,000円/ユーザー/月
エンタープライズプラン 要相談

【無料プラン】
30日間

Tocaroサービスサイト:https://tocaro.im/

まずは無料プランでビジネスチャットを試してみましょう

ビジネスチャットツールは、需要が上がるにつれて、独自のメリットや機能を持つサービスも増えてきています。

選択肢の多さに圧倒されないためには、まず自社の中でしっかり話し合いどのようなビジネスチャットツールが合うのかを検討し、無料プランでテスト運用することがおすすめです。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。