コミュニケーションスキルとは?仕事を円滑に進めるたに必要なスキルを解説!

コミュニケーションスキルとは、上手に話す能力だけを指すのではありません。状況にあわせて適切な表現を使いわけたり、話の最後まで一貫性を保ったりする能力も必要とされます。

今回は、コミュニケーションスキルとはなにか、コミュニケーションスキルが高い人の特徴とコミュニケーションスキルを鍛える方法をご紹介します。

コミュニケーションスキルとは?

そもそもコミュニケーション能力とは、他者との意思疎通をスムーズに行う能力のことを表しています。一般的には以下の3つの要素を満たせばコミュニケーション能力があるとされています。

伝える力

自分の言いたいことを正確に相手に伝えられる能力。語彙力などに加え、どのような方法でどのように伝えるかという部分も大切です。

聴く力

ただ話を聞くのではなく、相手の真意をくみ取る能力。時には自分から質問をしてより正確な情報を引き出す必要もあります。

空気を読む力

相手の表情や声のトーンなどから、文章だけでは分からないことを推し量る能力。その場の状況を把握することにより、上記2つの能力を効果的に発揮させる役割を持ちます。

しかし、仕事で求められているコミュニケーションスキルは上記の3つではありません。一般的なコミュニケーション能力と仕事でのコミュニケーションスキルに違いがあります。

仕事で使うコミュニケーションスキル

仕事で実際にどの様なコミュニケーションスキルが求められているのか、具体的に3つのスキルをご紹介します。

影響力

自分の言葉で他者の行動を促すことができる能力は、ビジネスにおいて大きな力になります。

例えば、影響力のある上司が高いモチベーションで仕事に臨んでいる場合、部下もまた高いモチベーションで仕事に臨んでいることが多いです。

説得力

特に相手を説得してモノやサービスを販売する営業職で大きな力を発揮する能力で、相手との信頼関係を築く上でも重要なポイントになっています。

論理的に伝える力

仕事においては、プレゼンテーションを行う際などにとても役立つ能力です。

影響力や説得力には感情や言い回しの巧みさなどが必要ですが、論理的に伝える力にはそれが必要ないのが特徴です。

ただし、相手の理解度を把握しながら伝えていく必要があるので、相手のことを推し量る能力も必要になってきます。

コミュニケーションスキルが高い人の特徴を解説

それでは、コミュニケーション能力の高い人にはどんな特徴があるのでしょうか?

ここでは、4つの特徴を挙げてご説明します。自分に当てはまる特徴があるかどうか、チェックしてみましょう。

1. 相手に対する興味・関心が強い

コミュニケーションとは、相手とのやりとりのこと。相手のことを知りたい、という気持ちがあればおのずと会話は弾み、コミュニケーションは円滑にとれます。

さらに、相手からの信頼を得るには興味・関心から色々なことを聞き出して相手に関する情報を多く持つことで信頼関係を築く事ができます。

2. 聞き上手

聞き上手とは、相手に話させるということ。コミュニケーションをとろうと一生懸命話す、という人もいますが、それでは会話が広がりませんし自分本位な人だと思われてしまう可能性もあります。

聞き役に徹しながらも相手の話の中からポイントを拾うことで、どんどん話を広げていくことが大切です。

相手が気持ちよく話せる環境を作ることで、コミュニケーションはスムーズに行うことができるのです。

3. 話し上手

話し上手とは、あくまで独りよがりに話すのではなく、相手を思いやりながら話すことがポイントになります。

4. 信頼関係の構築が上手い

ついさっき会ったばかりなのに、何故かいろいろなことを話してしまう。そんな経験はありませんか?表情や話し方などで、人の懐に入り込むのが上手な人がいます。

天性の人もいますが、ミラーリングやペーシングなどの技を使って信頼関係を得ている人もいます。信頼関係はコミュニケーションの要なので、この特徴を持つことが大切です。

コミュニケーションスキルを鍛える方法

コミュニケーションを取ることが苦手という人でも基本をしっかりと抑えておけば、あとは日々の心がけと実践でコミュニケーション能力を高めていくことできます。ここでは、その方法について紹介します。

1. 会話の目的を意識して話す

一生懸命話しているのになかなか相手に伝わらない。話しているうちに相手をイライラさせてしまう。このように会話が苦手な人の特徴は、話にまとまりがなく、話の目的や結論が見えないことにあります。

まずは相手に話す際、はじめに話の「目的」をしっかりと伝えるようにしましょう。上司への報告であれば「●●の件でご報告します」、会議の進行役であれば「本日の議題は●●です」と、はじめに話の目的を述べ、話が進むなかでも、その目的を見失わないようにすることが大切です。

2. 会話の目的を意識して話す

傾聴は相手とコミュニケーションを深めるためのとても重要なテクニックです。コツはとにかく相手の話をしっかり聞くこと。相手が話す内容は、なかには退屈なものもあるでしょう。そうした場合にも、話をしっかり聞くことで会話のヒントを見つけて、そこから会話を発展させていくことができます。

3. 上手な人を真似る

コミュニケーション能力を高めるためには、あなたのまわりにいるできる人の行動や言動を真似るという方法があります。その人の「仕事の頼み方」や、「上司や部下との接し方」、「ビジネスメールの書き方」まで、お手本となる人を真似てみましょう。コミュニケーションは相手があってのことですから、その能力を高めるには、まずは自分がされてうれしいと感じることを、同じように相手にしてあげることが大切です。

コミュニケーションスキルを高め仕事を円滑に進めよう!

重要なのは、コミュニケーションとは相手を理解し相手に自分を理解してもらうことですから、相手がいなければ成り立たないということです。

いかに相手の立場に立てるか、相手の心をくみ取ることができるかが、コミュニケーショスキルを高めるポイントです。コミュニケーションスキルを高め、仕事を円滑に進められるようにしましょう!

身に付いたコミュニケーションスキルも活かせるビジネスチャットツールアプリ『Tocaro』については下のオレンジ色のボタンからご覧になれます。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。