仕事の目標はこう立てる!仕事ができるようになる目標設定方法

仕事を行う際にどんな目標を立ててやればいいかわからない時がありませんか?優れた成果を出し、毎日を頑張り続けるためには目標設定をすることが大切です。

今回は、仕事の目標を設定をなぜしなければならないのか?目標を設定する具体的な方法、更に目標設定する際の良い例と悪い例についてご紹介します。

そもそもなぜ仕事に目標を設定しなければいけないのか?

そもそもなぜ仕事に目標設定をしなければいけないのでしょうか?目標を設定することにより、どんなメリットがあるのか?そのメリットがわからなければ設定する重要性が理解し難いと思います。

ここでは、実際に目標設定をした際に得られるメリットをご紹介していきます。

1. 仕事に対するモチベーションが上がる

上司や他の人に言われた目標を設定しても、その目標が他人事になり自分から積極的に達成しようとする気持ちを失いがちです。

自分で目標を設定することにより仕事に対しポジティブな気持ちで取り組むことができ、やりがいも得ることができます。

2. 行うべきことが明確になる

目標を設定することで、自分の現状と目標との差が理解できます。そうすることで目標に対し自分がやらなければいけないことが明確になります。

3. 仕事を効率的に行うことができる

上司から言われた仕事を漠然と行っているだけでは、時間を効率的に使うことができず、生産性が低くなる可能性があります。

効率的に仕事をするためには期限を定めた目標を設定し、いつまでにどこまでを達成しないといけないのかを明確化すれば、時間を効率的に使うことができます。

目標の設定と達成を繰り返すことにより仕事の効率化にも繋がります。

では、具体的にどのように目標設定は行えばいいのか?

実際に目標を設定し行うには以下のような方法があります。今まで目標設定をし達成できなかった方や初めて行う方も、こちらの方法から始めることで目標設定を行えるようになります。

1. 目標を具体的な数値で設定する

達成すべき目標は、具体的でなければいけません。数値化することにより現状との差を確認することができ、最終的に目標を達成できたのか、できなかったのかが明確になります。

2. 実施すべき業務の洗い出し

目標を数値化したあとは、現状から目的を達成するために実施すべき作業を洗い出す必要があります。業務を洗い出すことにより、自分が実施すべきことが明確になります。

3. 期限を決める

まずは目標を達成する期限を決め、その後洗い出した作業一つ一つにいつまでにやるのかを決定していきます。

期限を切ることにより「あとでやろう」や「今度でいいか」など後回しすることなくスケジュールを立て計画的に行うことができ、目標を達成する近道となります。

具体的な良い目標例

どんな目標を設定すればいいのかもわからない方もいると思います。そこで具体的な目標例をご紹介していきます。

例1.「 6月までに売上を100万円アップさせる」

目標を「先月の売上を上げる」にしてしまっては具体性がなく、どのように行い達成していけばいいのかが明確になりません。 

具体化することにより数値化もでき、この場合では「顧客への営業を毎日●人に増やす」など、行えばいいことも自然と出てきます。

例2. 「半年後の決算期までに、決算における事務作業の時間を前年度よりも10%以上短くする」

こちらも目標を「決算における事務作業を短縮する」にしてしまっては具体性がありません。

具体化することにより行うべき作業を洗い出し、どの作業に時間がかかっているかを把握することができ、短縮すべき作業が明確になります。

例えば「エクセルの関数を覚える」、「ブラインドタッチをマスターする」など出てきたものにまた期限を切り、行っていくことで達成への道筋か見えてきます。

気をつけなければいけない、悪い目標例

しかし、目標には設定の仕方が悪い場合、その時間を無駄にしてしまい目標を達成できないことがあります。

以下に具体的に悪い目標例をご紹介します。

例1.「 今月の売上を前月の5倍にする」

目標を設定する際に現実的でない設定をしてしまうと「本当に達成できるのか?」と意欲をそいでしまう場合があります。

自分が努力をし、ぎりぎり達成できる目標を設定することによりモチベーションを上げ継続的に行うことができます。

例2. 「上司や他人に言われた目標を設定する」

人に言われた目標を設定してしまうと、受動的に受け止めてしまい継続的に行うことが難しくなってしまいます。

人に与えられた仕事でも、自分ごとに考え目標を設定することが大切になります。

正しい目標設定で自分を成長させましょう!

なかなか仕事に自分で目標を設定するというのは難しいことだと思います。ただ、目標設定をすれば今回解説してきたようにモチベーションも上がり、仕事を効率的に行うことができます。

よって、目標を具体的に設定し実現可能なスケジュールを何度も繰り返し達成できるようになれば、自分の成長を実感することが出来ると思います。 

【関連記事】
●仕事のチームワークを高めることはプロジェクト成功への近道!
●仕事と勉強は両立すべき|その理由と方法を解説!
●仕事のタスク管理ってどうやる?タスク管理の意味と方法を解説!
●今すぐ取り入れよう仕事のスケジュール管理!
●仕事を効率化する3つの基本原則と8つの方法

仕事のための仕事をなくすビジネスチャットツール『Tocaro』について詳しくは下のオレンジ色のボタンからご覧になれます。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。