ビジネスチャットツールとは?社内SNSやメールとの違いは?

ビジネスチャットツールの導入が加速していますが、まだ導入していない企業様からは社内SNSやメールとは何が違うの?というご質問をよく受けます。今回は、「ビジネスチャットとは何か」、「社内SNSやメールと比べてどこが優れているのか」という点を解説をさせていただきます。

ビジネスチャットツールとは?

ビジネスチャットツールとは、メールや電話にプラスして出てきた、ビジネスシーンでコミュニケーションを行うためのツールの1つです。ここ数年で市場として大きく成長しており、2021年には130億円の市場規模になる(※富士キメラ調べ)と予想される成長市場です。

ビジネスコミュニケーションツールというと、「社内SNS」もよく聞くキーワードであり、一緒のカテゴリに思われがちですが、実は大きく異なります。以下にて、ビジネスチャットと社内SNSの違いに触れていきます。

ビジネスチャットツールと社内SNSの違い

ビジネスチャットと社内SNSの違いを一言でいうと、利用するシーンや目的が異なります。ビジネスチャットはコミュニケーションやコラボレーションを目的に、社内SNSは情報発信を目的にします。

では、具体的な違いを以下にまとめます。

○「ビジネスチャット」と「社内SNS」の違い

このようにビジネスチャットと社内SNSでは、利用する目的が大きく異なりますので、ビジネスコミュニケーションツールを導入検討される場合は、目的に合わせてどちらかを選択することをおすすめします。

また、ビジネスチャットはメールの代替になり得るのかどうか、という点もよくご質問されるので、ビジネスチャットとメールの違いにも触れていきたいと思います。

ビジネスチャットツールはメールの代替になり得るのか

結論からいうと、「(今は…)NO」です。一番大きな理由として、メールはメールアドレスさえわかれば、全世界の人とコミュニケーションができる共通のプラットフォームであるためです。(逆にビジネスチャットは、コミュニケーションする相手も同一のツールを利用していないと、やりとりを行うことができないため)

そんな中でもビジネスチャットは優れている点が多くあるため、市場として盛り上がりを見せています。ビジネスシーンでの一般的なコミュニケーションツールである電話,メールとの違いを以下にまとめます。

 ○「電話」,「メール」と「ビジネスチャット」の違い

このように普及率に関するネックはあるものの、同報性や即時性などの観点でビジネスチャットは優れていると言えます。社内のメンバーや一緒にビジネスを進めるパートナーとのコミュニケーションにおいては、ビジネスチャットを利用する価値があるのではないでしょうか。

企業文化作りの第一歩を実現

社内SNSに代わる新ツールで社内コミュニケーションのあらゆる問題を解消するビジネスチャット『Tocaro』については下のオレンジ色のボタンからご覧になれます。

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。