社内コミュニケーションの目的と活性化事例

政府主導で行われた働き方改革やコロナの感染拡大などを背景に近年働き方は劇的に多様化してきています。

従来のオフィスに集まって仕事をするということも現在ではだんだんと無くなってきており、リモートワークが一般的になってきています。

それまでは同じ空間に集まっていたため、自然とコミュニケーションを取る機会を作ることも出来ましたが、現在はそれぞれが自身が働きやすい場所で働くケースも増えてきており、それにより上司や部下、社員同士のコミュニケーションが減少してしまっています。

そのため、会社としては意識的に社内コミュニケーションを活性化する仕組みを導入する必要性が増してきています。

今回は、社内コミュニケーションの目的と社内コミュニケーションを活性化させる方法をご紹介していきます。

社内コミュニケーションの目的とは?

社内コミュニケーションが不足している組織では、「社員のモチベーション低下」や「不正行為やコンプライアンス違反行為の発生」「顧客クレームの発生」といったような問題が起こります。

これらを未然に防ぐためにも社内コミュニケーションを活発に行える仕組みを作ることが今求められています。

社内コミュニケーションが活発になることで、社員の生産性向上や満足度の向上も期待できるようになりますし、体外的な評価も上げることが出来ます。

どのように社内コミュニケーションを活性化させるか?

以前であれば、同じ空間で仕事をすることが当たり前だったため、出社タイミングが同じで駅からの数分間あるきながら話をしたり、ランチにいったり、退勤時間が同じであればそのまま食事に行ったりとコミュニケーションを取る機会はたくさんありました。

しかし、現在の働き方が多様化した現在では、そのコミュニケーション機会を会社として意識的に作り出す必要があります。

定期1on1ミーティングの開催

例えば、最近では「1on1ミーティング」という上司と部下や同僚同士が1対1で行うミーティングを定期的に開催することを必須にしている企業が出てきています。

ミーティングの形式が1対1のため、大人数の会議などでは言いづらい相談や悩みなどを伝えることが出来るというメリットがあり、上司であれば部下の状況を細かく把握することができ、リスクの事前把握がすることができます。

フリーアドレスの導入

以前からフリーアドレスを導入する企業はありましたが、コロナを機にオフィスを縮小させ、残ったオフィスを「フリーアドレス」にする企業が増えてきています。また、よりコミュニケーションを取りやすいようにカフェテリアエリアを拡張する企業もあります。

2020年の頃な感染拡大を機に、テレワークが浸透し、多くの人がテレワークに慣れてきていますが、業務内容によっては出社をする必要があることも分かってきています。

そんな出社した社員が、普段はなかなかコミュニケーションを取りづらい他部署のメンバーとのコミュニケーションを取れるように導入されているのがフリーアドレスです。

社内コミュニケーションの良し悪しが企業の業績に影響するかも!?

ここまで書いてきたように、これまで社内コミュニケーションというのは同一空間で仕事を行うのが当たり前であった以前であれば、自然と発生し、行われてきていました。

しかし、働き方の多様化やコロナによりテレワークなどによりコミュニケーションが取りづらくなってきている現在では、組織として意識的に社内コミュニケーションを取る仕組みを取り入れていかなければ、前述のような社員のモチベーションの低下や不正行為の発生、顧客企業からのクレームなど多数の問題を発生させるリスクがあります。

今回は、一例として1on1ミーティングの開催やフリーアドレスの導入などをご紹介しましたが、それぞれの企業で活性化につながるコミュニケーションの形は異なります。是非様々な社内コミュニケーションプランを模索し、自社にとって最適な社内コミュニケーション方法をご検討ください。

関連記事:10社の社内コミュニケーション活性化事例

ワークプロセスマネジメントプラットフォーム
Tocaro(トカロ)

仕事のあらゆる行動を定量化し、成果につながるプロセスを見える化します。結果、意思決定の柔軟性を高め、チームの生産性を高めることが可能です。さっそくワークプロセスマネジメントプラットフォームのTocaroを使ってみましょう。